オクラガ日誌

okurugger.exblog.jp
ブログトップ
2012年 11月 03日

神は、ふつうに、そばにいる。

f0112547_21274498.jpg
なかなか時間が取れなかったが、本日ようやく「神話博しまね」にあわせて開かれている、
出雲在住の写真家 古川誠氏の写真展『出雲の神々』に行ってきた。


ひょんなきっかけで古川氏の写真集「MATSUE」を見ることがあり、ページをめくるごとに驚き感動した。
古代から連綿と続く出雲地方の文化を写真にとらえられていると感じたものでした。
また今現在も出雲の風景を撮影し続けられている写真家がいらっしゃるのだと。
まあ、私の世間の狭さは今に始まったことではないですので……。


平成24年新春、東京都新宿区の紀伊国屋画廊で開かれた「出雲の神々」の個展は盛会だったとお聞きした。
この度は古事記編纂千三百年「神話博しまね」にあわせて、「旧JR大社駅」で古川氏の個展が開かれてる。
私が大好きな大社駅を会場として使われる。流石というかなんというか。
本日は土曜日。来場者が多いみたいで駐車場はいっぱいだった。
f0112547_21292684.jpg


旧JR大社駅の駅舎内に大判でプリントされた写真が数多く展示されている。
プリントアウトされた写真には、やはり迫力がある。
厳かさ、神々しさ、静寂さ、一瞬の刹那をストレートに感じられる。
写真を見て「神は、ふつうに、そばにいる。」そう思いながら展示を見て回った。


初めて見る写真もたくさんあって、感動し感心しうらやましくもあり、最近とんと御無沙汰の撮影にインスパイアされました。もっともっと精進しなくちゃ!


古川誠氏 写真展『出雲の神々』
期間:10月1日~11月11日
場所:出雲市旧JR大社駅
[PR]

by okurugger | 2012-11-03 21:46 | Infomation


<< 2012島根選手権  疾走      養老館文庫 >>