人気ブログランキング |

オクラガ日誌

okurugger.exblog.jp
ブログトップ
2011年 07月 02日

テニスのむし様

f0112547_6483719.jpg

ウィンブルドンの戦いが佳境にはいってきました。
クリム伊達の試合は緊張感と伊達選手のひたむきさにテレビ画面から離れられない、すばらしい試合でした。
最盛期の伊達選手のプレーを見たかったですね。40歳の伊達。今でもなかなか魅力ある、華のある選手と思いました。

男子は唯一名前を知っているフェデラーとツォンガの準々決勝を見て、テニスってつくづく心理ゲームだと思いました。
クールなフェデラー、ガッツがプレーに現れるツォンガ。ゲームが進むにつれて、徐々に優劣が入れ替わり、終了まで見てしまった。
常に冷静な表情のフェデラーに動揺が見られた。「心」なんだよな。
彼の心の揺れを見ることができて、また人間フェデラーを応援したくなった。

ということで、ここ数日は寝不足です。仕事中のあくびは、下を向いて人に知られないように手を添えて(笑)。
録画して休みの日にでも見るのが、いい大人の常識でしょうが、録画をしたスポーツ番組って、気の抜けた三ツ矢サイダーみたいで、おいしくないですよね。

写真はテニスボーイをやっている次男坊。現在、テニスにどっぷりはまっています。なかなかラグビーを撮影する機会に恵まれませんので、応援に行った時にテニスを撮影。
テニスは前後左右に動き回る。止まるときはボールを打つときだけ。そこを狙うのだが、撮影は難しい。
カメラの設定を変えながら、試行錯誤。以前に比べ、ピントの抜けた写真が大分少なくなりました。
ちょっとは予測がつくようになったということは、テニスが少しはわかるようになったのかな、などと(笑)


撮影2011年4月24日 Canon7D+EF100-400L

by okurugger | 2011-07-02 07:27 | スナップ


<< 2011遅ればせの桜紀行      2011年初試合 >>