オクラガ日誌

okurugger.exblog.jp
ブログトップ
2009年 02月 18日

余寒の花

f0112547_5284259.jpg
木に夏はエノキ、木に秋はヒサギ、木に冬はヒイラギ。そして木に春は椿。
ツバキはやはり春の花なんでしょうね。

庭に咲く藪椿です。波積町から自生の椿をちょっといただき、庭に植えて、もう十数年。
背丈は2メートル半くらい。
我が家の庭には数種類に椿がありますが、この藪椿が飽きなくて、一番好きです。
一輪挿しに生けるのもいいのですが、ツバキは時期が来ると花ごとボタッと落っちゃて
あまり気持ちのいいものではありません。
木に咲く椿を見るのが一番いい。

しかし、何回撮っても本物の椿の赤に近づきません。このたびはフラッシュ一発!
この方がこの椿の赤に近いかもしれない。
[PR]

by okurugger | 2009-02-18 05:39 | スナップ


<< 水仙の咲く丘陵Ⅱ      海岸めぐり 浅利 >>