タグ:Dishes ( 5 ) タグの人気記事


2012年 01月 03日

平成24年初詣 そば処八雲 五色六段割子

f0112547_1011179.jpg

初詣をすました後、恒例の蕎麦を食しに八雲さんに寄る。

卵、とろろ、天かす、おかか、ダイコンの薬味がのる五色割子を注文。
三色だとおかか、大根がつかない。オロシダイコンと蕎麦がとてもあうんだなぁ。
ダイコンが乗ったのを食べたくて五段をいつも注文する。
そば湯もおいしかったです。

なぜか左奥のそばがあまっていましたので一緒にいただきました。
今年もやせそうにない!(爆)
[PR]

by okurugger | 2012-01-03 10:22
2011年 12月 07日

四川料理「龍山坊」

旅に出たときの一番の楽しみといったら、普段食べられない料理を口にすることでしょうか。
食い意地の張っている私も、御多分に漏れず、日常と違うところに身をおくと、
何かおいしいものを食したいという欲望が……。

弟夫婦にお願いして、最近食べたなかで、おいしいお店に連れて行ってもらうことにした。
f0112547_21401715.jpg

到着したお店は横浜市都筑区にある「龍山坊」(ロンサンボー)という四川料理のお店。
横浜中華街の店とは違った、あたたかい雰囲気の家庭料理が出てきそうなお店です。

お店に入り、弟におススメのメニューを聞いたら、四川料理ですが、唐辛子からいだけでなく、
うまみのある料理が出てくるとのこと。
お昼でしたので、定番メニュー「メンズセット」をいただくことに決定。
f0112547_6161218.jpg

担々麺と陳麻婆豆腐、とサラダ、ごはん、漬け物のセット。

私には辛すぎなく、とてもおいしいランチでした。あっという間にいただく。
ご飯を大盛りにしとけばよかった!(爆)
調子にのって、弟が食べる「モンゴイカの四川風辛子炒め」と弟嫁の
「四川サンラー(酸辛と書くらしい)麺」も取り皿で食す。

「マイウ~~」の満足の横浜ランチでした。
[PR]

by okurugger | 2011-12-07 06:03
2010年 10月 01日

探求!割子そば 「ふなつ」の巻

f0112547_23524620.jpg

盂蘭盆に寄って空振りだった松江の「中国山地蕎麦工房 ふなつ」へ。
愚息のテニスの試合が松江であったため、帰りにまた寄ってみた。
この度は営業されていました。

このおそば屋さん、奥出雲で取れる蕎麦の実を石臼で碾いたお蕎麦が出てくる。
風味の良い、コシのあって食べ応えのあるお蕎麦が出てくる。
そばは食べても、すぐにお腹が減る私ですが、ここのお蕎麦はなぜか腹持ちがいい。
それが一番気に入った点かな(笑)。松江に来ると必ず寄るお店です。

写真は「千鳥割子」。三段の割子と「蕎麦のあげ餅」と「蕎麦ぜんざい」がいっしょに付いてくる。
女性には好評です。
三段ですので、私にはちょっと物足りない。さらに天ぷら蕎麦をぺろりといただきようやく満足。

「うまい蕎麦が食べた~い!」と禁断症状が出ていましたが、ようやく食することができました(笑)。

【by PowerShot S90 2010年9月25日撮影】
[PR]

by okurugger | 2010-10-01 00:22 | スナップ
2010年 08月 05日

中国四川料理 駱駝(らくだ)

f0112547_22363177.jpg

三十三間堂から京都駅へ。弟を駅でピックアップ、その後ホテルにチェックイン。
荷物を置き、晩飯に何を食べるか相談。
以前から話に聞いていたのだが、弟の高校時代の友人、江津ご出身のかたが、
京都市内で中華レストランをひらいている。
ディナーはそこへ行ってみることとなった。
お店の名前は「駱駝」(らくだ)。四川料理のお店。久しぶりの中華。期待に腹が凹む。

お店がある場所は左京区北白川東鞍馬通から西に入った所という。どこかで聞いた住所。
しかし思い出せない。
そしてタクシーで出かけると、なんだ自分が学生時代住んでいた所から目と鼻の先。
昔住んでいたボロアパートは取り壊され、今は高級マンションになっている。

お店は既に客と予約で満席。予約していた席に着席。お店を見回す。
カウンター席とテーブル席があり、駱駝にちなんだかわいい調度品がディスプレーされていて、
とてもアット・ホームな雰囲気のお店だ。
マスターと奥様にご挨拶。

初めてのお店なので、オーダーは馴染みの弟にお任せ。
いただいた料理は
○四川風冷や奴(豆腐好きの私にはたまらないおいしさ)
○麻婆豆腐(辛い!うまい!癖になる!)
○水餃子(同郷ということで、マスターの御好意_(._.)_)
○青菜の炒め物(名前失念!初めて食べた野菜)
○鶏とカシューナッツの炒め(ご飯にかけてバクリといきたい)
○海老のチリソース煮(エビチリが苦手の私も、うま~い)
○炒飯(仕上げでした)
二人で食べも食べたり、ビールと紹興酒で飲みも飲んだり!

横浜中華街で修行されたマスター。なにかの縁でここ京都左京区で開店されたとのこと。
京都で本格四川料理が食べられるとは思っても見ませんでした。
山椒と唐辛子の効いた辛さだけの中華ではなく、ナッツ類などその他の香辛料もちりばめられて
コクとうま味を感じる中華でした。
辛さが先に来る料理は好きじゃないが、どの料理も私の口に合って、とても満足。
おいしい料理を食べることができて、今回が、いい旅になったように気がした。

中国四川料理 駱駝
住所: 京都市左京区北白川瀬ノ内町27-4
電話: 075-781-0306
HP http://www.sunaba.tv/rakuda/


※あいにくカメラを持っていなくて、お店の写真は次回に。
上の写真はお店のHPから勝手にいただきました。_(._.)_
[PR]

by okurugger | 2010-08-05 23:01
2007年 05月 09日

海軍カレーと五省

建物ばかりですので、昼ご飯の話を!
見学コースは約1時間半ほどかけて学校内を見学して回る。長い間歩き回るので、終了の時間には腹ぺこの状態になる。
予定では呉まで帰って何か美味しいものをと考えていたのだが、空腹は我慢できなかった。
f0112547_0221211.jpg
そこでここにあるレストランに入り昼食をとることにする。
お目当てはもちろん『「海軍カレー』。メニューには「海軍カレーライス」とあった。
待つこと十数分。お腹と背中がくっつくころサーブされる。
この春、靖国神社に参拝した折「遊就館」1Fの喫茶で食することができなかったカレーライス。
もちろん大盛りです!題して「古鷹山盛り」!
男のカレーの味を想像していましたが、少し甘口かな。コクがあってまろやかで、美味しかったです。
レジで御愛想をお願いしているとき、レジの後ろの壁に女性客や子供にも食べ易いような味付けにした、とお断りがあった。
f0112547_0224685.jpg
レストランのメニューの裏側に書いてあった「五省」。ああそうだった、こういう言葉を忘れていたなぁ、とちょっと反省!
遠くなってしまったなぁという気持ちと、まだ忘れたくないという気持ち。
不惑にはほど遠いと感じました(^_^;)
[PR]

by okurugger | 2007-05-09 07:38 | スナップ