オクラガ日誌

okurugger.exblog.jp
ブログトップ

タグ:神宮外苑 ( 4 ) タグの人気記事


2011年 12月 14日

イチョウ並木 明治神宮外苑Ⅲ

f0112547_6164431.jpg

青山通りから聖徳記念絵画館に向かう414号線。途中から歩行者天国になっている場所から撮影。
遠くに小さく見えるのが「聖徳記念絵画館」。この度は寄れなかった。

人いっぱい。恋人どおし、家族で皆さんイチョウの木をバックに写メールしたり、記念撮影を。
乳母車で赤ちゃん、幼児をつれた若い夫婦が多いような。すごい人通りになっています。

交通整理の人は、「他の方の通行のじゃまにならないように!」、「立ち止まらないでください!」
などと拡声器で呼びかけますが、皆さん、いうことを聞かないし。


初冬の雲一つ無い空。イチョウ並木がとてもきれいでした。道路の中央に立つと、
私の前には、私と同じ構図を狙っている人がいる。きっと私の後ろにも、私の後ろ姿を入れた
写真を撮っている人がいるんでしょうなぁ、などと思いながらシャッターを切った。


Canon5D+EF14-40Lmk2 F8.0 SS1/640
[PR]

by okurugger | 2011-12-14 06:13 | スナップ
2011年 12月 13日

イチョウ並木 明治神宮外苑Ⅱ

f0112547_21563554.jpg

イチョウ並木から落ちた葉を撮影。
通行人の靴に踏まれて、葉っぱは押し花のようになっていました。


Canon5Dmk2+EF14-40L FF8.0 SS1/125
[PR]

by okurugger | 2011-12-13 06:00 | スナップ
2011年 12月 12日

イチョウ並木 明治神宮外苑

f0112547_2258791.jpg

秩父宮ラグビー場入場口での待ち合わせには時間があったので、
東京メトロ銀座線の外苑前から青山通をテクテク歩いて神宮外苑のイチョウ並木に。
今日のLunchは、Typicalな初冬の東京の風景を見ながら「ロイヤル ガーデンカフェ
でとれば、土産話になるかなと思っていましたが……。

あまかった。なんだこれは!「江津まつり」どころではない!見渡す限り人ひとヒト。
写真家たちが撮る、初冬の静寂さを感られる外苑のイチョウ並木は……。こりゃ無理だ。
レンズは広角しかないし。イチョウはあるんですが、人が多すぎ、写りすぎ!

Lunchを予定していた「ガーデンカフェ」は長蛇の列。時間の計算ができないので挫折。
空腹を覚えながらもとにもどって、外苑前駅近くの「カレーの王様」しかありませんでした。


Canon5Dmk2+EF14-40L FF8.0 SS1/640
[PR]

by okurugger | 2011-12-12 06:00 | スナップ
2011年 12月 05日

関東大学ラグビー 早明戦を観戦

f0112547_23292436.jpg

週末、久しぶりに江津を離れて横浜、東京で息抜きをしてきました。

4日は、関東大学ラグビーの早明戦を観戦。一度は生で見てみたかった伝統の一戦。
明治OBの弟に誘われて、二つ返事で飛行機の便を最終に変更して、観戦することとなりました。

高校ラグビーは花園観戦で、すでに40回を超えてますが、大学ラグビーは、機会が無く
このたびが初めて。伝統の一戦を初体験!

会場は聖地、秩父宮ラグビー場ではなく、国立競技場。弟との待ち合わせのために、
千代田線の外苑前で東京メトロを降り、秩父宮ラグビー場の入場口に立つ。
早稲田・明治の現役生・OBが、私の前を途切れることなく、国立競技場方面へ歩いて行かれます。

田舎暮らしが長いので、目の前を歩かれる皆さんを見ているだけで、なんか楽しい。
明治大学のネクタイを締めたり方、ブレザーの下に早稲田のジャージを着た人が歩いていたりして。
小脇にサンドイッチや焼きそば、ビールを抱えてお仲間と歩かれる。家族連れ、恋人どおし、孫を連れて
という人も。老いも若きも男も女も国立競技場に向かって川のように流れる。

私が入場口に立っていると、数人で楽しそうに歩かれていた年配グループのお一人、
明治のネクタイを締められているかたが、「今日は秩父宮で何やっているの?」と質問を受ける。
そんな、わかんないですよ!

「なんでしょうねぇ?ごめんなさい!」。「早明戦は国立ですよ。」
「知ってる、知ってる!ところで今日はどっちが勝つと思う?」「今年は明治じゃないですか?」
と場の雰囲気を感じて答えると、破顔一笑!見ず知らずの人間の手を取られて、がっちり握手。
皆さん、ほんとうに熱いですね!

写真は、試合開始前、両校の校歌斉唱のもようを撮影。
両校の卒業生が、母校の校歌に立ちあがって母校愛の発露。
皆さん、拳を上げ下げされながら、旗を持つかたはそれを振りながら大声で校歌を歌う!
この大学には絶対負けられない、負けて欲しくないという闘争心が国立競技場に満ちあふれる。
互いにライバルと認めるものどおしの決戦。これぞ大学ラグビー!すばらしい雰囲気!
観客の期待と興奮、声援と祈りが最高潮に達したところで、試合開始のホイッスルが吹かれた。

試合は、明治が前半リード。後半は早稲田がトライをあげるが、ペナルティーで終盤まで明治がリードする。
緊張感のある、拮抗した観戦するにはとても楽しい試合。終了前に明治が自陣22メートル近くでオブストラクション。
早稲田がペナルティーを得る。キックを決めて逆転。そのままノーサイド。
ロースコアーの緊張感のある、見応えのある試合でした。

明治、早稲田のOB、在校生には申し訳ないのですが、ラグビー好きの第三者としては、
国立競技場の雰囲気、緊張した試合展開で、とても楽しいラグビー観戦でした。
[PR]

by okurugger | 2011-12-05 00:09 | ラグビー