オクラガ日誌

okurugger.exblog.jp
ブログトップ

タグ:石見銀山 ( 4 ) タグの人気記事


2008年 03月 06日

路傍の岩

f0112547_045740.jpg
大森ゾーンを歩いていると、道ばたにこんな岩が。
じっと見てみましたが、どうして鉄筋が出ているのか、理解できませんでした。
[PR]

by okurugger | 2008-03-06 00:07 | スナップ
2008年 02月 19日

銀山散策Ⅲ

朝一で自宅を飛び出し大森に到着しましたが、真冬で、休日そして早朝。そしてみぞれが降っている。
ここ大森地区でお会いしたのは地元の方お二人のみ、しかもお店屋さんはどこも開いていない。
困りました(笑)
f0112547_23264096.jpg

仕方ないので、興味を引く所を撮影してまわります。
f0112547_23271774.jpg

なんか本当に寂しい場所に写ってしまって、なんだかなぁ。まずいなぁ。
ふだんはもっと観光客でにぎやかなんですよ、などと取って付けたように言ったりする。
[PR]

by okurugger | 2008-02-19 23:37 | スナップ
2008年 02月 14日

銀山散策Ⅱ

石見銀山は昨年世界遺産に指定されました。が、私はこの大森銀山といえば時代劇に
出てくる「石見銀山猫いらず」や水戸黄門であった「悪が群がる隠し銀山・大森」とか、
何かイメージが悪いんですよね。
友人から「石見って、いったいどんなとこ?」と聞かれたトラウマがあったりして。
素でそんな風に尋ねられると、なんか凹みますよね。
f0112547_23512653.jpg


世界遺産に登録されて、ここ大森を訪れる観光客は随分と増えたと聞きます。
きっと皆さん、「越前屋、お主も悪じゃの~を」といいながら散策されているんだろうなぁ。
f0112547_23521088.jpg

大森は屋根の低い民家が軒を並べています。昔は街道だった道を撮影しました。
この道を辿ると五百羅漢で有名な羅漢寺にいたります。

道に沿っては昔ながらの土壁でできた民家や土塀が続いています。
途中に小川を三回渡って昔ながらの町並みを散策しますと、なにか一昔も、
二昔も前にタイムスリップしたような感覚に陥ってしまいます。

早朝のカメラを持っての散歩。地元の方にお二人会って、おはようございますのご挨拶。
朝まで降った屋根の雪ずりの音だけが聞こえる、ちょっと寒い散策を楽しみました。
f0112547_23533649.jpg

現在は電線を地下に埋設する工事の最中みたいで、道路の至る処に掘り返した跡があって、
春の観光シーズンに向けて急ピッチで整備が進められているみたいでした。
[PR]

by okurugger | 2008-02-14 23:54 | スナップ
2008年 02月 10日

銀山散策

昨晩の天気予報では島根県も暴風雪だと。
今年は何回も「オオカミが来た!」といわれて振られています。
立春も過ぎて今度こそはと5時半に起きました。

また振られた!

仕方がない。江津がダメなら雪景色を求めて東に行くか、という事で、
昨年世界遺産に指定された大森の石見銀山に行ってみることにする。
f0112547_2149598.jpg

朝7時前に到着。
雪はこんなに少ないですが、海岸沿いから山に入った所にありますので。さすがに寒い。
まだ光がたりないので青い写真となってしまいました。
f0112547_21502331.jpg

2枚とも大森の代官所跡です。
江戸時代このあたりの大森から江津市の江の川東岸地域と川を渡った本町までを統治していた代官所です。
[PR]

by okurugger | 2008-02-10 21:50 | スナップ