タグ:津和野 ( 6 ) タグの人気記事


2012年 08月 22日

養老館文庫

f0112547_749416.jpg

ここもいいですね。でも残っているものが少なくて残念。
どっぷりと趣味の世界に!(汗)
[PR]

by okurugger | 2012-08-22 07:51 | 風景
2012年 08月 19日

津和野漫ろ歩き

f0112547_2092590.jpg


津和野は何年ぶりでしょう。本当に久しぶりにやって来ました。
長男がまだ小さい頃太鼓谷稲荷神社に初詣に来たのが最後だったような。

昔に比べて、随分と町並みが整備されてきれいになっていた。山陰の小京都といわれていますが、
こぢんまりとした良さがあるかもしれません。藩校養老館がある殿町方向を見たところ。

f0112547_2095362.jpg


赤瓦の建物がたくさん残っていてい印象的。江津より赤瓦の家屋が多いような気がします。
石見な風景を探して撮影。
ここは三松堂菓心庵という和菓子のお店です。
あれ!看板がない!?

f0112547_2012433.jpg


真夏の津和野散策。誰もいないだろうと思っていましたが、そうでもない。
暑い中、熱心に廻らなくてもいいと思うのですが、貧乏性というか、
せっかく来たのだから何か得たいというか、同病相憐れむというか、
みなさん、熱心に回っていらっしゃいます。ご苦労様です。
[PR]

by okurugger | 2012-08-19 20:57 | スナップ
2012年 08月 18日

貴婦人の休息

f0112547_21343577.jpg


停留所、停車場、どういうのでしょう?あまり詳しくないのでわかりません。
城址から降りて津和野駅に直行。C571を間近に撮影したくて、駅員さんに聞くと、すでに津和野駅を出てしまった。
次の運行のため、停車場(といわれたような、不確か)に向かった。駅からすぐ近くにある、と親切に教えてもらう。

f0112547_2135812.jpg


私が行ったときは、駐車場はすでにいっぱい。近くの道路に停める。
何十人もの人がこの貴婦人号の近くで見学。家族連れ、恋人どおし、女子会!?で記念撮影をされています。
年期が入られた鉄ちゃんもたくさんいらっしゃった。わたしもその中に混じり撮影。

久しぶりに間近に見る蒸気機関。いいですね。
重厚ないでたち、弱く煙を吐きながらまるで鉄の塊が息しているような。
そして貴婦人といわれるように美形、かつ優雅で気品あるたたずまい。
皆さんが追っかけするのがわかります。

f0112547_21353415.jpg


後ろ姿もいいですね。
運転員さん、暑い中、本当にご苦労様でした。
[PR]

by okurugger | 2012-08-18 21:55 | スナップ
2012年 08月 17日

悲しき鉄道員

f0112547_7345839.jpg

日向は汗が噴き出るような暑さ。
津和野駅から少し離れた停車場で、次の出発を控えた準備が行われていました。
[PR]

by okurugger | 2012-08-17 07:39 | スナップ
2012年 08月 16日

津和野城址からC571を撮る

f0112547_1363386.jpg


古い津和野の町並みをウロウロ。駐車場のおじさんとか観光ガイドの方とお話をして、
津和野の歴史をいろいろと教えてもらう。
あっという間に昼前、津和野城址へ向かうロープーウェイ駅の近所のお蕎麦屋さんでお昼。
山菜蕎麦を食す。

私には上品すぎて、もの足りない。もうひと品注文すればよかったと思ったが、時間がない。
そば屋を飛び出し、ロープウェイの駅に。


駅の係員さんに「12時40分までに本丸まで行けますかね。」
「本丸まで20分はかかるで。はよう乗りんさい。はよう乗りんさい。」とせかされる。

ヤバイ!津和野城址に登るのは、SLやまぐち号を高台から撮影するためである。
やまぐち号C571が津和野の到着時間は12時46分。
最低でも40分には頂上に着いておかなければならない。
時計を見ればもう12時20分。ロープウェイに飛び乗る。
木立の間だから見える赤瓦の町並みを後に、のんびりと上昇するロープーウェイがまどろこしく感じる。


終点駅に着いて駅員さんに本丸の方向を確認。
「40分までに着けますかね?」「う~ん。けっこうかかるけえね。上り下りがあるから気をつけんさい。」と諭される。

「仕方ない。走るか!」

ということでラグビーで鍛え、北アルプスを踏破した自慢の足腰をつかいダッシュ!
だが、しかし、ここ数ヶ月間、仕事ばかりでまったく運動していない。
踏ん張れない!息が切れる!酸欠で目がかすむ!膝がケラケラ笑う!走るのはもう無理!
重い足を引きづり山道を歩く。情けない。大汗をかきながら、10分弱でなんとか到着。

到着時間は12時37分。城址の一番高い所にあがる。眼下に赤瓦の津和野の町が広がる。
日本海側から吹く風が気持ちいい。爽快なり。

f0112547_13164267.jpg


そうこうするうち、山間から何度もSLの汽笛の声が。しかも、その音が段々と近づいてくる。
ISO確認。SS確認。絞りもこれでいいだろう。
汽笛は間近に。カタン、コトン。カタン、コトンとSLがレールを渡る規則的な音が聞こえる。
が貴婦人はどこに、煙が見えない。
目をこらしてみると、狭い山間に縦に広がる津和野の町を走っている。
「えッ!?」と思いながらとりあえずシャッターを切る。

帰りの駅で駅員のおじさんとのお話。
「いい写真がとれたかな?」
「12時のは坂を惰性で下りてくるから煙とか出んけえなあ。」
「マニアの人は3時の山口に行きのを撮りんさる。煙をはいて坂道をあがるけんなあ」と。

なるほど。そういうことでした。納得です。
ちょっと迫力に乏しいSLの写真ですが、楽しいにわか鉄ちゃんの巻でした。
[PR]

by okurugger | 2012-08-16 13:06
2012年 08月 14日

残暑お見舞い申し上げます

f0112547_10553089.jpg


まだまだ暑い日が続いています。日中はひどい暑さですが、夕方になると急激に涼しくなります。
ここ3日は夕立や降雨があり、草木も酷暑の夏に一息ついているような感じがします。
ご先祖様をお迎えするお盆になり、今日からお仕事もお休み。私も少し生き返ってきたかな、という感じですか。



あっという間に8月中旬です。長い間、写真をアップしていませんでした。
7月29日、息子のテニスクリニックが美都町であるため送迎。
終了まで間だ、ちょっと足を伸ばして津和野に行く。



ここは津和野城址。日曜日の12時過ぎ。誰もいません。猛暑の一日、坂道を登ると汗が吹き出る。
ハンカチで汗を拭きながら木陰で一休み。蝉の音だけが聞こえる。
日向に慣れた目が陰の明るさに慣れてきて、ここいいなと思いながらシャッターを切りました。
[PR]

by okurugger | 2012-08-14 11:17 | スナップ