タグ:波積 ( 12 ) タグの人気記事


2011年 01月 04日

冬の華

f0112547_2054476.jpg

3日。御年始に義母の住む波積へ。

予定では、谷を流れる水蒸気をNDフィルターを使い長時間露光。
新年を迎えた山村の神秘、神々しさ撮影するつもりだったが……、いたってのどかな陽気。
谷の向こうにある杉林は、ばっちりクリアに見える。
仕方がないので杉林をバックに、庭先のいたんだバラの花を。

お屠蘇がしっかり入ってのマニュアル撮影。ピントはバッチリ。しかしNDフィルターを外すのを忘れていた。
人生、思いどおりにはいかないものだ。
[PR]

by okurugger | 2011-01-04 00:01
2010年 08月 20日

立秋-花

f0112547_74122100.jpg

暑い、熱い、あついといいながら一日が終わる。
夏と秋とが混じりあう季節ですのに、秋の訪れはまったく感じられない。
ヒグラシの声がやけに耳につく毎日。

朝のニュースでは今年のサンマは不漁で、スーパーでは一尾400円とか。
太平洋もこの暑さで煮立ってきたか、嗚呼。

さて、今日も元気を出して仕事をしてきましょう!
[PR]

by okurugger | 2010-08-20 07:54 | スナップ
2008年 02月 12日

石見左官の仕事っぷり!鏝絵(こてえ)探訪

最初の引っかかりは遠い彼方にあるのですが、私が20代、二十数年前のことだと思います。
京都の物知りな年配の方との会話の中で、「鏝絵(こてえ)」のことを初めて知りました。

島根県の西部、石見地方(大社、松江は出雲地方と)出身の左官を石州左官と呼んで、
昔から腕の立つ、いい仕事をする左官さんが多かった。
国会議事堂の左官仕事はその石州左官が受けもち、すばらしい仕上げをしていると聞いて
石見出身者としてとても誇らしかったような記憶が……。
その石見の左官が漆喰で立体の絵を描くのを知っているか、と聞かれました。
その当時、世間が狭いし興味もないので知りませんよね。
左官仕事に使うコテで絵を描くから鏝絵というのだ、とその方に教えてもらいました。

それから時は流れてウン十年、写真を撮るネタに困って石見のことを調べているうちに、
忘れていた鏝絵という言葉を発見しました。
調べれば調べるほど、こんな世界が自分が住む石見地方にあるなんて驚きです。というか、
この歳になって地元のことを何にも知らないことが恥ずかしい。

2月3日にNHKの「にっぽんの底力」で、この鏝絵が紹介されたらしいですね。
私はざんねんながら嫁から聞かされて地団駄をふみました。(笑)
また昨日BSハイビジョンの「日本美ナンダコリャこれくしょん」でも紹介されたとか。
これまたわが家はブラウン管ですのでアウト!
天下のNHKで紹介されるなんて、なにかスゴイですね。

最近、永年この鏝絵を調査され方の本が出版されました。(HPは此方、購入は此方
自分が住む町をまた違った目で見ることができておもしろいですね。

ポチポチ江津近辺からさがしてみようと、年配の方にお会いすれば情報をお願いして回ってます。

第一弾は江津市波積町の曹洞宗のお寺、願寿寺(がんじゅじ)さんの鏝絵です。
f0112547_7364279.jpg

鏝絵は3枚あって、左から波に霊亀
f0112547_737595.jpg

2枚目は波にウサギ
f0112547_7372779.jpg

一番右は図案違った波と霊亀です。
f0112547_7375589.jpg

本堂の高い位置にあるため下から見上げるようにしか撮影できなかったのが残念です。
暗いのでストロボを焚くべきか迷いましたが、今回はそのままで。
そして高い位置にあるため、撮影には脚立が必要で、長いレンズがいいと気づきました。
WBの設定は同じでしたが、陰のなかでの撮影ですので、現像で若干色味が違ったみたいです。
後日修正させて下さい(゜)(。。)ペコッ
[PR]

by okurugger | 2008-02-12 07:38 | 神社仏閣
2007年 10月 29日

収穫の秋

f0112547_2321855.jpg


何をしているかといえば……
[PR]

by okurugger | 2007-10-29 23:09 | スナップ
2007年 08月 18日

杉林

f0112547_22245630.jpg
杉林に夕陽が差し込んで、私の目にはとてもきれいだったのですが、
撮影した写真を見るとほとんどボツ写真です。
撮影時はきれいだと見ながらシャッターをきるのですが……。
夕焼け時の色彩は本当に難しいです。緑がうまくでませんね。
小学校のときの図工のときに、画用紙に水彩絵の具で目に映る色を出すのに悩んだような、そんな感じがします。
[PR]

by okurugger | 2007-08-18 22:25 | スナップ
2007年 08月 16日

爽涼探索その弐

お盆ですので帰省中の家族連れが滝を見に来られていて、いつも静かな場所も人声が絶えない。
2時間ばかりのんびりすごし、岩場を降りて帰ろうとする。

滝の一番下で、カメラマンの方が三脚を準備されていた。
「こんにちは」とあいさつするとびっくりされた。クマが出たとでも思われたのかも。
お話をすると、広島からおいでで岩龍寺滝は道に迷ったりしてなかなかこれなかった。ようやくこれました、と喜んでいらっしゃった。
左手から岩場を登れば近くに行けますよ、と。

ここは江津でも有名なポイントなんですね。
f0112547_9135825.jpg
f0112547_8215922.jpg
f0112547_822191.jpg

[PR]

by okurugger | 2007-08-16 08:35 | スナップ
2007年 08月 15日

爽涼探索

娑婆の拘束がようやくなくなった本日、納涼を求めて山の中へ。
といっても市内の波積です。岩龍寺滝に行けば少しは涼めるのではないかと出かけてみる。
f0112547_22242741.jpg
まずは森林浴。広葉樹が茂って、街中より数度は気温が低い。
f0112547_22245671.jpg
滝を臨む高台から。滝の全景を入れるにはここしか無いのだが、どうしても電線が……。
中国電力さん何とかしてくれ!
f0112547_21522031.jpg
トリミングしてます。
小さいころ、昔トンボと憶えていたような。警戒心が強いのか近づいて撮影しようとすると直ぐに逃げてしまう。
滝のそばの木陰で座って一休み。
マイナスイオンを浴び滝の音を聞きながらじっとしていると、私の周りにはトンボとかクロアゲハなどの蝶がひっきりなしにやって来る。
川に目をこらせば、アメンボが水面を走り回り、メダカが水の中を気持ちよさそうに泳いでいます。
避暑にはほんとうに良い場所です。2時間のんびりと遊べました。
[PR]

by okurugger | 2007-08-15 21:52 | スナップ
2007年 04月 30日

波積岩瀧寺滝Ⅳ

f0112547_23203084.jpg
新緑の岩龍寺滝です。今回のお気に入りです。
[PR]

by okurugger | 2007-04-30 23:20 | スナップ
2007年 04月 30日

波積岩瀧寺滝Ⅲ

f0112547_2352810.jpg
落差121m、幅18m、4段の滝なのですが、当日は水量が無くて少し迫力がありませんでした。
鳥の声と滝の落ちる音を聞きながら新緑の渓谷のなかで煙草をくゆらせて、しばしのんびりと過ごしました。
[PR]

by okurugger | 2007-04-30 23:05 | スナップ
2007年 04月 30日

波積岩瀧寺滝Ⅱ

f0112547_2342624.jpg

[PR]

by okurugger | 2007-04-30 23:04 | スナップ