タグ:江津本町 ( 14 ) タグの人気記事


2012年 04月 24日

2012桜紀行 キハ120と二楽閣の桜と少年たち

f0112547_7233020.jpg

因原からもどり江津本町。スマホで電車の到着時刻をみると三江線本町駅に浜原からの上りが着く時間。

三脚を立てて準備していると、近くにいた小学生たちが「何をしているの?」、「川写すん?」とやってくる。
カメラの前で、ジャンプしたりポーズを撮ってくれました。

私の「電車が来たよ!」というと「電車だ!」「三江線だ!」とはしゃいでます。
彼らにとっていつも見ている三江線の電車だと思いますが、三脚立てて撮影する私がもの珍しいのかも。

電車と二楽閣の桜、彼らも一緒に納めました。
[PR]

by okurugger | 2012-04-24 07:50 | スナップ
2010年 05月 15日

江津本町散策 見続けてきた者

f0112547_22101896.jpg

[PR]

by okurugger | 2010-05-15 07:42
2010年 05月 14日

江津本町散策 鼻ぐり石

f0112547_2215686.jpg

日本海の海運、江の川の河運の要所だった本町。
牛馬に乗せられた地域の特産物がここに集まり、船で運ばれた荷物が下ろされ、
ここから各地に運ばれた。その牛馬をつないだ鼻ぐり石。
表面は苔むし、風雨に晒されて形が崩れかかっている岩石。
来し方、荷物を積んだ牛馬がこの通りをにぎやかに往来する光景を想像しながら撮影する。
[PR]

by okurugger | 2010-05-14 00:16 | 風景
2010年 05月 13日

江津本町散策

f0112547_7384497.jpg

旧江津町役場。この建物、やはりいいですね。
改修前の蔦の絡まる崩れかけているような姿は、写欲をそそるものがありましたが、
パリッとしたスーツを着たような姿もいいものです。
江津市、グッジョブ!です。次は都野津会館を!(笑)
[PR]

by okurugger | 2010-05-13 07:47 | スナップ
2010年 05月 12日

かなたにある記憶

f0112547_22204021.jpg

小学校にあがる前、一年間、ここ江津本町にある幼稚園に通っていた。
自学から約5km。今から考えると、徒歩でよく通っていたものである。

片道にどれくらい時間がかかっていただろう。小さな歩幅で歩くのだから40分?50分?
今思い返すと通学途上、何かおもしろいものを見つけようと、どうにか楽しく過ごそうと、
本町の表通り通らずに、裏道や路地を探して通園していたように思う。

本町の本通から一辻入ったこの道を好んで歩いていた。当時は人通りもたくさんあって賑やかで、
この通りの両側には、大きな屋敷がたくさん建っていたと記憶する。
この土壁と石垣はとても大きく威圧感を感じて、子供心に立派な建造物だったと憶えている。

現在は石垣は苔むし、赤土があらわになった土塀は、見る影も無いが、
小川に沿って伸びるこの小径を中心とした景色は、懐かしくまたあったかな感じのする
風景となっている。


小川と電子柱と電線、空と石垣、土壁と小径、大好きなものを消化せずに、
ごっちゃに入れ込んだ写真となりました。
[PR]

by okurugger | 2010-05-12 05:57 | スナップ
2010年 05月 11日

お色直し

f0112547_23344596.jpg

お色直しをした旧江津郵便局。ここも登録有形文化財となったようで、旧江津町役場と同様に緑青のプレートがつけられていた。

きれいになりすぎて、好きくないので太陽と歪みを入れて撮影。
でも保存のためには、こういうけばけばしい修繕は必要なんでしょうね。

やはり前回の撮影は超えられなかった。
[PR]

by okurugger | 2010-05-11 00:01 | 建造物
2010年 05月 10日

旧江津町役場

f0112547_745618.jpg

川を渡り江津本町に久しぶりに行ってみる。
旧江津町役場の庁舎。大正15年(1926年)に建設、築後84年になる。
昨年12月に国の登録文化財に指定されました。
[PR]

by okurugger | 2010-05-10 07:56
2008年 02月 16日

鏝絵(こてえ)探訪 円覚寺

のんたんさんからリクエストがありました鏝絵(こてえ)をアップします。しょうがないなぁ!(爆)

f0112547_1732612.jpg
江津市江津町にある浄土真宗円覚寺さんです。
地元の人間は本町と呼んでいる街で、以前紹介した、倒れかかった郵便局や崩れかかった土塀、
モルタルで蔦の絡まる、使われていない旧市役所庁舎のある町にあります。
私の嗜好そのままの町であります。

お寺の本堂の廻廊上にあります。ここの鏝絵は牡丹と唐獅子とが図柄となっています。
f0112547_17324780.jpg
向かって左側。
f0112547_1733216.jpg
向かって右側です。

鏝絵の立体感が私の技術では伝えきれませんので、アップの写真を
f0112547_1759304.jpg

f0112547_17581167.jpg
いかがでしょう。鏝絵の魅力が伝わりますでしょうか?

More
[PR]

by okurugger | 2008-02-16 18:09 | 神社仏閣
2007年 02月 22日

旧江津市役所

この建物は大正15年(1926年)建設されて、築後81年経ちます。
昭和30年代半ば現在の庁舎が建設されるまではここが役所でした。その後は福祉センターとして使用されていたが、現在は空き家です。
以前ブログに載せたように周囲には一級品とはいえないが味のある建物があるので、たとえばここを江津市の歴史資料館として、さらに周辺全体が整備されれば、「江津本町甍街道」そして大森銀山周縁の天領地として、おもしろいと思うのですが…。江の川及び日本海の廻船、北前船など歴史的にキーになる、おもしろい土地だと思います。
f0112547_11492.jpg
現在は山辺神宮の境内の一角に位置しています。どう撮っても灯籠がはいってしまう。なんとか位置の移動はできないでしょうかね。
f0112547_12936.jpg

歴史のある建物を大事にしなくちゃいけませんよね。

この度は快晴だったため、めずらしく私らしくない写真となってしまいました。アハハハ!
[PR]

by okurugger | 2007-02-22 00:46 | 建造物
2007年 02月 21日

蔦からまる古き建物、旧江津市役所

以前掲載した江津本町の続きです。旧江津市役所です。
これもおもしろい建物です。南東から撮影しました。
f0112547_0521861.jpg
f0112547_0523496.jpg

現在は使用されていないため、修繕が施されてなく、戸井が破損したり、モルタルがひび割れています。

右下隅のフェンスは後日Photoshopで消しましょう(笑)
[PR]

by okurugger | 2007-02-21 00:58 | 建造物