タグ:川平駅 ( 18 ) タグの人気記事


2012年 04月 18日

2012桜紀行 キハ120を追って

f0112547_211568.jpg

昨日の記事にPompokoさんの「遠州浜名湖鉄道 遠江一宮駅」の記事からトラックバックをいただきました。
トラバってどうするんだっけ!?(爆)


電車が到着しても乗降者はいないようなので、この川平に到着した電車を違うポイントで撮影するために駅を出る。
車を走らせ300メートル。三江線のレールをまたぐ橋の上に移動。いや~っせわしない。でも楽しい。
到着すると電車はこちらに向かって走り出している。一車線しかない所に路上駐車。
ドアを開け飛び出す。葉桜とこちらに向かってくる列車とを入れる構図を整えようとしたところに電車がやってきた。
う~ん、ままよ!設定を確認せずにシャッターを切る。橋の反対側に回り、江の川沿い因原方面に向かう列車後ろ姿を何とか納めることができた。
f0112547_2141253.jpg

いつもの撮影スタイルとは違い、被写体に合わせて対応しながらシャッターを切っていくというのは、面白い!
焼きが回った体内にアドレナリンが!情報が伝わらなくなったシナプスが繋がった!
20代に戻ったよう!(爆、大げさな!)
[PR]

by okurugger | 2012-04-18 21:04 | スナップ
2012年 04月 17日

2012桜紀行 キハ120登場

f0112547_5593100.jpg

川平駅の構内でのんびりと過ごす。なかなか撮影のアイデアが浮かばない。
誰もいなので、プラットホームに腰を下ろし、ひなたぼっこをしながら、気がついたことをメモ。

とするとレールから規則的な響きが聞こえてきた。ラッキー!電車だ!
当日は土曜日。通学・通勤者が少ない曜日ですので、日に数本の運行がさらに少なくなっている。
桜を撮影に出かけたのですが、急遽桜とキハ120のコラボレーション!に変更。

f0112547_710573.jpg


胴体に青いラインが入る1両編成。でもこの電車、乗客がすごく多い。
沿線の桜を楽しむ、団体客が入っているのかも。
車体の上部に赤い線が入っています。CanonのLレンズみたいだ、などと、
馬鹿なことを想像する(笑)。電車を見ただけでテンションが異常に上がってしまう。
50過ぎのオヤジが、こまったものである。
[PR]

by okurugger | 2012-04-17 07:19 | スナップ
2012年 04月 16日

212桜紀行 川平駅もう一つの桜

f0112547_7161479.jpg

地元の人がされたのだと思いますが、駅構内の内外には提灯がつるされ、桜の開花に彩りをそえられている。
f0112547_7333499.jpg

何の変哲も無い、三江線の無人駅(無人駅ばかりということ自体、変わっているという意見もありますが……)。
何回も撮影してますが、この駅はやはりいいですね。
[PR]

by okurugger | 2012-04-16 07:20
2012年 04月 15日

2012桜紀行 鏡の中の桜

f0112547_724479.jpg

川平駅に行ってみた。駅の構内に桜の木を楽しみに行ってみる。
やはり、今週の雨と風で葉桜状態。よさそうな桜を探してみますが、
どうもおもしろくないので鏡のなかの桜を撮影。

今季は桜を楽しめなかったですね。
[PR]

by okurugger | 2012-04-15 07:09 | スナップ
2010年 05月 08日

線路は続くよォ~

f0112547_18133790.jpg

天気予報によると、桜前線はとうとう北海道まで北上したそうですが、遅ればせながら忘れていた写真をアップします。(^0^;)
[PR]

by okurugger | 2010-05-08 18:16 | スナップ
2009年 04月 16日

続・桜紀行 いつもの川平駅での邂逅

f0112547_0121931.jpg
山本家の枝垂れ桜を撮影した後、いつもの川平駅に立ち寄る。おや、今日は人が一杯と思うが、実際は一日5本の列車を待つ人、数人(笑)
f0112547_0115145.jpg
カメラを縦にしたり、横にしたり、斜めにしていると、地元で高名な写真家K氏とここで出会う。
初対面ではないのですが、私は存じてますが、K氏は私の事はまったくでしょうから、

オクラガ:「こんにちは!」
K氏:「ああ、こんちは。あんた一人?だれかな?」
オクラガ:「オクラガです。いつも作品を拝見して勉強させてもらってます」
K氏:「ほう、初めて会うな。どこの人?」
オクラガ:「Kさんと同じ、江津の渡津です」
K氏「そうかな。知らんかった。へぇ~!今日は何撮ったん?」
オクラガ:「甘南備寺から諏訪神社、さっきまで山本の枝垂れ桜を撮ってここまで来たんです」
K氏:「そりゃ~朝早よからごくろうさん。アッ、電車が来るで。はよ、はよ」
と急かされて、一緒に川平駅の構内に。
K氏:「桜と電車、もう少し早う来れば良かった。盛りは過ぎとるわ」と。
f0112547_013483.jpg

K氏とご一緒に三江線の電車を撮影。も一つ、もう二つですね。K氏は列車が止まった後も、移動しながら精力的に撮影をされる。
やぁ、さすがにすごい。エネルギッシュ!

列車を撮った後、カメラを見せてもらいカメラ談義。
K氏:「フルサイズも出たけえの~。あんたも変えたら」
オクラガ:「まだ、腕が無いのに早いですよ」
K氏:「デジタルの時代になったけえのを。コンテストでも、初心者がすぐに賞を取る時代だから、関係ない、ない」。「これからどこに行きんさる?」
オクラガ:「有福小学校の桜を撮りに行こうと思います」
K氏:「そうか、あそこもええけんのを!まぁ、気いつけて!また会いましょう!」と。

やぁ、びっくり。K氏にお会いできるなんて!短時間ご一緒させてもらいました、さすが、気合いが違うと感じました(笑)
[PR]

by okurugger | 2009-04-16 00:13 | スナップ
2009年 03月 11日

待合室

f0112547_785370.jpg

一日上下で10本の列車が止まる駅です。次の列車が到着するには、少し時間があります。
待合室にはもちろん誰もいませんでした。

春風が吹く暖かな昼下がりの川平駅でした。
[PR]

by okurugger | 2009-03-11 07:19 | スナップ
2009年 03月 10日

改札口から

f0112547_2359520.jpg

なぜかここに来ると和んでしまう川平駅。
錆の浮いた、グラインダーでぼこぼこになった処を白ペンキで塗った改札口。
アルミサッシではない木製のガラスの引き戸が風情を感じさせる。
まさに、これぞ懐かしの國、石見な風景です(笑)。
[PR]

by okurugger | 2009-03-10 00:03 | スナップ
2009年 03月 09日

驛舎の古椅子

f0112547_2324951.jpg

川平駅のホームにある長椅子。川平駅にはこういう木製の椅子が数脚残っている。
屋根の下にあるのですが、風雨にさらされているため、粉を吹いたように所々白ぽくなっている。
というよりは、椅子に座る人が少なくなったということかもしれない。
[PR]

by okurugger | 2009-03-09 23:27 | 風景
2009年 03月 08日

無人駅のギャラリ

f0112547_544895.jpg
三江線川平駅は、過疎の地江津にある駅ですので、勿論駅員が在中しない無人駅です。
無人駅ですので私も好き勝手におじゃまできるのですが、ご近所の方が常日頃、清掃されているのか、ゴミひとつ落ちていない。

小さな駅舎に写真が飾ってあります。川平町の地元行事、田植え囃子の時の写真でしょうか。
ガラスに変なものが見えますがお許しを(笑)
[PR]

by okurugger | 2009-03-08 05:11 | スナップ