タグ:下鴨神社 ( 8 ) タグの人気記事


2010年 08月 02日

暑中お見舞い申し上げます

f0112547_22133081.jpg

暑中お見舞い申し上げます。

8月に入り最初のウィーク・デイ。本当に暑い日でした。
昼間は激暑ですが、夜になっても熱帯夜が続きます。
天気予報によると、島根は今週はさらに暑い日が続くと。
ピークは木曜、金曜とか。寝不足の日々が続きそうです。
皆様ご自愛下さい。

糺の森散策中、木が拍手しているように見えたので撮影。
[PR]

by okurugger | 2010-08-02 22:25
2010年 08月 01日

小径

f0112547_8274795.jpg

[PR]

by okurugger | 2010-08-01 08:29
2010年 07月 30日

夏の陽 糺の森

f0112547_7271646.jpg

ぶらりぶらりと木陰の中をお散歩。京都の町中より何度気温が低いのだろう。
風はないのだが、気持ちひんやりと。汗の出も治まっている。
見上げた木々の葉がきれいだったので撮影した一枚です。
[PR]

by okurugger | 2010-07-30 07:31
2010年 07月 28日

蒼のきらめき

f0112547_7282964.jpg

瀬見の小川で見つけました。
[PR]

by okurugger | 2010-07-28 07:31
2010年 07月 27日

大地をつかむ

f0112547_6143440.jpg

東京ドームの3倍の広さのある糺の森。
大都市京都のど真ん中に、まだ山城国と呼ばれていたころからの原生林が残る。
ここのいたるところにこのように大地に根を張る巨木が力強く立っている。
幹周りはゆうに2メートルを超えている。

この大きな巨木たちはどのような人々の営み、歴史を見てきたのだろうか、
などとまともなことを考えながらシャッターを切る。
[PR]

by okurugger | 2010-07-27 06:40 | スナップ
2010年 07月 25日

下鴨神社 What's NAWATE?

f0112547_941845.jpg

下鴨神社。涼しさを感じる場所を探してウロウロとする。
参道の右側にある「烏の縄手(なわて)」と呼ばれる復元された昔の参道を通る。
下鴨神社に祭られる御祭神、賀茂建角身命(かもたけつぬみのみこと)は別名「やたからす」
とよばれ、また昔、長い細い道を「なわて」とよんでいたと掲示に書いてあった。
「烏の縄手」とは、人が歩くことでできた糺の森の小径、下鴨神社の昔からの参道の事。

「烏の縄手」の右横に流れる小川から見える橋。木々のみどり、きれいなせせらぎ、そして橋を渡る人を待って撮影。

今日も暑い一日になりそう。8時過ぎに30℃を超えている。
涼しさを感じられる写真になった、かな?
[PR]

by okurugger | 2010-07-25 10:19 | スナップ
2010年 07月 21日

蹴球の碑

f0112547_044873.jpg

4年ぶりの下鴨神社訪問の目的は、明治時代、ここ下鴨神社がある糺の森で京都で初めてラグビーをした事を記念して、
森の中に祈念碑が建立されている。それを見つけること。前回も森の中をうろうろしましたが時間切れのため見つけることができなかった。

神社本殿の参拝を終えた後、境内で御守りを販売されている、きれいな巫女さんに尋ねてみた。

オクラガ:「すいません。下鴨神社がある糺の森に、ラグビーの碑があると聞いたんですが、知りません?」
巫女さん:「えっ!(たいへん驚いた様子)ラグビー……。わたくしもここにつとめていますが、初めて聞きます。」
オクラガ:「この糺の森で京都で初めてラグビーをしたので、ここに祈念碑があると聞いてやってきたんですが?」
巫女さん:「申し訳ありませんが、聞いたことがないですけど。どこか他の場所とまちがえられているんじゃあ……。」
オクラガ:「そうですか。自分で探してみます。」

ということで、ハンカチで汗を拭きながら、さあて、東京ドーム、3倍の面積があるという糺の森。どこから探そうかと思案していると、先ほどの巫女さんが私を追いかけて来られて、

巫女さん:「気になって、先輩の方に聞いてみました。ラグビーの祈念碑はこの森にあります。私が知らなく、すいませんでした。」「流鏑馬を行う道をご存知ですか?」
オクラガ:「そこの参道でしたっけ?」
巫女さん:「いいえ。流鏑馬神事を行う、参道の隣の広い道です。その参道の中央に石碑が建っていると聞きました。気をつけて歩かれればわかるはずだと……。」「違うことを申しまして、申し訳ありません。」
オクラガ:「イエイエ、わざわざ教えてくださって、ありがとうございます。」(ペコリ)

撮影しながら散策すること5分。ありました。
石碑には「第一蹴の地」とあります。後ろに回ると碑文には
f0112547_051361.jpg

明治四十三年九月
第三高等学校生徒
堀江卯吉 中村愛助
相馬竜雄 玉置除歩
は慶應義塾塾生眞島進の
指導によりこの地ではじめて
ラグビー球を蹴る
こうして三高蹴玉部が
生まれこヽに日本ラグヒー界の
輝かしい歴史が始まった
昭和四十四年十月五日
第三高等学校蹴玉部

と刻んである。

ようやくこの目で石碑を見ることができました。
[PR]

by okurugger | 2010-07-21 00:09
2010年 07月 19日

お気に入りの場所

f0112547_1003986.jpg

16日、17日と家事で京都に行くことがありました。16日は祇園祭。
調整すれば山鉾巡行の撮影ができたかもしれなかったのが残念。

3連休の初日、休日の高速料金が千円の影響か、大渋滞に巻き込まれる。吹田から京都南まで1時間半もかかってしまった。
渋滞になれていない田舎者。慣れない渋滞の運転。動いたりとろとろ走ったりで着くまでに疲れ果てる。
朝6時に江津を出発。京都着は午後1時前。

ホテルに入る前に、せっかく京都に来たのだからと、気力を振り絞ってカメラを持って散策。
まずは学生時代、お気に入りの場所でした下鴨神社に。
祇園祭が開催されているためか、炎天下なのに参拝者が多い。気温は38℃。本当に熱い。
しかし参道の木陰にたたずむと、少しひんやりとして気持ちが良い。
祇園祭のためなのか浴衣姿の若い女性の参拝者が多かった。
浴衣姿で歩く写真が撮れれば、夏の下鴨神社、季節感のある写真が撮れたかも。
しかしカメラを向ける勇気がなく。こんな写真で(笑~)。

画像をPCに落として確認。4年前に初代KissDegitalで撮った写真と同じではないか(爆)。成長がねえなあ。
[PR]

by okurugger | 2010-07-19 10:02