カテゴリ:建造物( 19 )


2014年 04月 02日

2014桜紀行 星明かりの下の講堂と夜桜

f0112547_22211332.jpg
水銀灯の明かりが強すぎて、星が映ってくれないので諦める。
水銀灯を背に南西側の空を撮る。 
グラウンドと講堂に有福小学校の桜の大木の影が映る。いいじゃない!

[PR]

by okurugger | 2014-04-02 22:29 | 建造物
2010年 05月 11日

お色直し

f0112547_23344596.jpg

お色直しをした旧江津郵便局。ここも登録有形文化財となったようで、旧江津町役場と同様に緑青のプレートがつけられていた。

きれいになりすぎて、好きくないので太陽と歪みを入れて撮影。
でも保存のためには、こういうけばけばしい修繕は必要なんでしょうね。

やはり前回の撮影は超えられなかった。
[PR]

by okurugger | 2010-05-11 00:01 | 建造物
2008年 03月 02日

プラットホームからの情景

f0112547_2045779.jpg
何年ぶりかで、D51蒸気機関車を見ました。
やはりいいですね。近くに寄ると鉄の塊の存在感。
威風堂々とした姿に圧倒されました。
目をつむると駅に停車して蒸気と煙をあげている姿がまぶたに浮かび、石炭をくべる臭いがしました。
[PR]

by okurugger | 2008-03-02 20:50 | 建造物
2008年 03月 02日

プラットホームにて

田舎暮らしをしているので、移動はもっぱら車です。
プラットホームなんて久しぶりに思い出しました。
普段は会話に出てこない言葉を思い出してなにか懐かしい情景を思い出しました。
f0112547_203828100.jpg

鬼の霍乱で何年ぶりかで風邪をひいてしまいました。
本調子ではないのですが、随分よくなりましたので更新をしました。
とはいえ、写真が撮れていませんので、2月の在庫で。m(__)m
[PR]

by okurugger | 2008-03-02 20:46 | 建造物
2008年 02月 18日

レリーフ 大社駅

f0112547_23182212.jpg
どうしてこうして残っているのか!
うれしくて、うれしく天にも昇る気分!(爆)

More
[PR]

by okurugger | 2008-02-18 23:22 | 建造物
2008年 02月 18日

大社駅構内

好きな写真を撮ってまわっているときどうしてこんなものが残っているの、と小さな驚きというか、自分としては大きな喜びを覚えることがる。
この大社駅もその一つです。レトロな昔ながらの窓ガラスがたくさんはめ込まれた木造建築。
それもとてもすてきでしたが、内部がすごいというか、昔の建築物ってなんて魅力的きなんだとうなってしましました。
f0112547_2354277.jpg
この天井の高さと、木造の建具。
f0112547_2361773.jpg
建物の内部に立ち、しばし佇む。
こんな空間が残されているのは奇跡に近いんじゃないかと、一人興奮してしまいました。
[PR]

by okurugger | 2008-02-18 23:15 | 建造物
2008年 02月 14日

残された駅舎 大社駅

f0112547_0394.jpg
もと国鉄大社駅を撮影することができました。瓦葺きの堅牢なつくりの駅舎です。
島根にある近代建築のなかで、木造建築のうちでは、大きさといい威厳に満ちたつくりといい、
トップクラスの建物だと思います。

小さい頃、江津から大社に列車に揺られて初詣に行くことは、とても大きな長い旅をするような感じがました。
何時間もかけて初詣の臨時列車に乗ってこの駅に降りたったことでした。

今は大社線は廃止されて、出雲から大社まで続いていた線路は、アスファルトに被われた車の通る道路になっています。
駅舎は切り離されて、ぽつねんと木造建築物として立っています。

ここに立つと、曖昧で混沌とした私の記憶のなかから、母に連れられ弟と手をつなぎ混雑する構内を
改札口に急いだ情景をひきあげてくれました。

More
[PR]

by okurugger | 2008-02-14 00:20 | 建造物
2007年 05月 11日

第1術科学校 幹部候補生学校庁舎

第1術科学校の最後です!

幹部候補生学校の学舎です。きれいなレンガでできている。このレンガは油紙に包んで英国からわざわざ輸入したもの、と説明を受ける。この建物の隣に日本製レンガで作られた建物もあるのだが、建物の色合いはこちらが明るかった。さきの「回廊のランプ」はこの幹部候補生徒学校を真横に走る廊下を撮ったものです。

とにかく巨大なレンガ造りの建物。横幅は144メートル。全体を見渡すには、後にさがるしかない!
昨年行ったハマの赤レンガも素晴らしレンガ造りの建物ででしたが、ここもスゴイ!煉瓦造りの建物には東西の横綱があるそうですが、東の横綱は東京駅。西の横綱はこの幹部候補学校庁舎とだとか。

f0112547_745313.jpg
それにして二階構造の巨大な建物。広角では全て入らないので、EF S10-22で一部分のみ。22㎜側です。撮影時はバッチリと思っていたが左側が落ちていたのが残念。

f0112547_7452275.jpg
そしてその一部をフレームアップ。レンズを付け替えてEF L24-105の50㎜です。50㎜なのになぁ(; ;)ホロホロ。
写真の整理整頓が下手なため、スクエアが切れていません。建物の真正面に立てていないことがよ~くわかる写真です(笑)
f0112547_74434100.jpg
EF S10-22の10㎜でなんとか横から。画像を拡大して、ディスプレーに顔を近づけてご覧ください。臨場感があります!(笑)

この第1術科学校にはきれいな松がたくさん植えられている。ここの松はまっすぐに空に伸びて立っている。
日本海側にある季節風に吹かれて曲がりくねった松の姿とは姿形が違っている。
案内していただいた教官がいわれるのは、年がら年中「気をつけ!」の号令がこの学校に鳴り響いているので、松も同様な姿勢をとるためとか!?
おあとがよろしいようで……。
[PR]

by okurugger | 2007-05-11 07:42 | 建造物
2007年 03月 19日

国立新美術館Ⅲ

f0112547_23374712.jpg

こんどは緑さす写真です。逆光だとどうしてもグリーンが出てこない。
この美術館の喫茶やレストランのテーブル、椅子、壁、床そして人々もエメラルドグリーンの光りに照らされてます。やはりこの光りを浴びるとみなさん流行の癒しを感じられるみたい。

More
[PR]

by okurugger | 2007-03-19 05:32 | 建造物
2007年 03月 19日

国立新美術館Ⅱ

f0112547_23345283.jpg

団体行動のため制限時間は45分。カメラをもってウロウロと動き回る。光が内側に入り、ちょうどよい頃合い。これぐらい光りが射せば、私の技術でも内部の撮影はできる。
しかしここはなんという建物!外観もおもしろいが、内部はさらにおもしろい。三階まで吹き抜けのおおきなホール。建物の中なのに開放感が気持ちがいい。また建物は南向きで、太陽の高さによって内部に直線と曲線が織りなす紋様がつくられる。

時計を見ながら館内を移動していたが、あっという間に出発時間が来る。

More
[PR]

by okurugger | 2007-03-19 05:21 | 建造物